タグ: 制度

遺留分とは相続においてどんな時に問題なのだ

遺留分とは、被相続人が有していた財産の一定割合について、最低限の取り分として、 配偶者、子、直系尊属の法定相続人に保障する制度をいいます。

遺留分とは、被相続人が有していた財産の一定割合について、最低限の取り分として、配偶者、子、直系尊属の法定相続人に保障する制度をいいます。
“遺留分とは相続においてどんな時に問題なのだ” の詳細は »