カテゴリー: 手続きについて

遺言でできることは相続におけるどんなことだ

紛争が生じてしまうといったことを防ぐため、遺言によってしかでき ないような事項もあるのです。 遺言で相続分の指定をしたり、遺贈をしても、遺留分の範囲で遺言の自由が制限されることがあります。

多岐にわたります。

紛争が生じてしまうといったことを防ぐため、遺言によってしかできないような事項もあるのです。
遺言で相続分の指定をしたり、遺贈をしても、遺留分の範囲で遺言の自由が制限されることがあります。
“遺言でできることは相続におけるどんなことだ” の詳細は »

相続の放棄と遺産を分割する協議の違い

私は何も受け取らないから大丈夫。が通用しない場合があります。

遺産分割協議で「なにも受け取らない」とすること。
相続放棄で「なにも受け取らない」とすること。

これは、法律としてどのような違いがあるのでしょうか?
“相続の放棄と遺産を分割する協議の違い” の詳細は »

自分が亡くなった時、誰が相続人なのか把握しておきましょう。

もし自分が亡くなったら誰が相続人になるのか、自分の身近な人が亡くなったら自分は相続人になるのか、事前に確認しておくことも大切かもしれませんね。

まず、配偶者は常に相続人になります。
“自分が亡くなった時、誰が相続人なのか把握しておきましょう。” の詳細は »

年の途中で死亡した夫の控除対象配偶者とされた妻の扶養控除

専業主婦で夫を亡くされた方は、ダブルで控除が受けられる可能性があります。

さて、今年も年末調整の時期となりました。
大部分の給与所得者は、この「年末調整」によって、その年の所得税の納税が完了することになるので、

正確に記入しましょう!
“年の途中で死亡した夫の控除対象配偶者とされた妻の扶養控除” の詳細は »