あなたが遺言を残すならどの方法を選びますか

遺言には、種類があります。まず、大きく分けると普通方式と特別方式です。特別方式というのは、特別な状況でやむを得ない場合に使われるものですので、今回は普通方式について説明させていただきます。

普通方式は3つあります。自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言です。自筆公正証書は、文字とおり自分の字で書くという最も費用がかからない方法です。しかし、遺言には必ず書かなければならない要件というものがあります。それを欠いてしまうと遺言として無効になってしまう可能性があるんです。せっかく遺言を作ったのに、無効になってしまったなんてことになるのは非常に悲しいですよね。私たちがお勧めしたいのは、公正証書遺言です。公正証書遺言というのは、公証人役場で作成します。そんなところまで行けないわ。とあきらめないでください。費用はかかってしまいますが、ご自宅や病院にも出張してもらうことが可能です。是非、遺言を残したいとお考えの方は、ご相談ください。

 

«
»
 

トラックバック URL