相続放棄をしたら後順位者に権利がうつります

借金を残して亡くなった場合、同じ順位の相続人が全員相続放棄をした場合、相続権はその次の順位の相続人に移ります。順位とは、第1順位は子、第2順位は祖父母、第3順位は兄弟姉妹です。 

たとえば、父親が死亡して相続が開始し、第1順位である子供が全員相続放棄をした場合、 相続権は第2順位である祖父母に移ります。  つまり、第1順位の子供が借金を背負わないために相続放棄をしても、 その借金を祖父母が負わされることになるんです。  さらに祖父母が相続放棄をした場合は、第3順位である兄弟姉妹に相続権が移り、 兄弟姉妹が借金を背負うことになります。
ようは、兄弟には嫁と子供がいるから、自分には関係ないと思っていたら、いつのまには相続人になっていたということが考えられるのです。なので、借金がある場合には、配偶者及び第1順位から第3順位までのすべての相続人が、 順番に相続放棄の手続きを行う必要があります。
なお、第1順位から第3順位までの相続人が同時に相続放棄を申し立てることはできません。  これは、第1順位の相続人が放棄をするまでは、第2順位の人はまだ相続人ではないからです。  よって、全ての順位の人が相続放棄をするときは、 第1順位から順番に相続放棄の手続きをとっていくことになります。

安く相続登記の手続を横浜で頼める
自分でやれば無料だという人もいますが、見えない時間と労力というコストを忘れているように見えますね。
www.souzoku-shien.net/registration

«
»
 

トラックバック URL