相続財産に不動産がある場合

亡くなられた方が不動産をお持ちだった場合、法務局に申請をして所有権移転の登記を行います。
登記をせず被相続人名義のままにしておくと、売却や担保設定ができません。

相続のために行う不動産の登記を「相続登記」といいます。
遺産分割協議が終わるまでは、相続人全員が共有していることになります。
そのため、遺産分割の話し合いがまとまったら、誰がどのように承継するのかを登記する必要があります。

しかし、話し合いがまとまらず、共有状態のままで長年登記をしないで放置しておいた場合、もしその後の相続人が不動産を処分する場合に問題となるおそれがあります。共有状態の場合、売却などには共有者全員の同意が必要となるため、相続人はまずその不動産の共有者を洗い出し、交渉しなければならなくなってしまいます。

共有者が数人ならばさほど問題ないかもしれませんが、長年にわたって放置していた場合には他の共有者が既に亡くなってしまっており、さらにその相続人と交渉しなければならない状況にもなりかねず、非常に手間が掛かります。
このような状況に陥ってしまうと、何十人もの相続人との交渉が必要になる可能性がありますので気をつけましょう。

 

«
»
 

トラックバック URL