遺言書を見つけたらどうすればいいでしょうか

亡くなった方の遺品を整理していて遺言書が見つかった場合、どうすればよいでしょうか。
自宅で見つかった遺言書や相続人が保管していた遺言書、貸金庫に入っていた遺言書などは、全て家庭裁判所の「検認」という手続きの中で開封しなければなりません。

この手続きは、遺言書がどういう状態で存在しているかを家庭裁判所が確認し、手続きより後に遺言書が偽造・変造されるのを防ぐためだけのものです。たとえ遺言が無効なものであったとしてもその点については判断しませんので注意して下さい。検認された=遺言は法的に有効、ではないのです。

もしこの手続をする前に遺言を開封してしまうと、5万円以下の過料を払わなければならなくなる危険があります。そしてそれだけでなく、遺言内容が開封した人に有利な内容だった場合、書き直したのではないかなどの疑いをかけられて相続争いになる危険もあるので、充分注意して下さい。
 
ちなみに、誤って開封してしまった遺言書や、最初から封がされていない遺言書についても、その事情を家庭裁判所に説明したうえで検認手続を行って下さい。検認済みの遺言書がないと、遺言書に書いてある内容を実現する手続き(登記や金融機関とのやりとり)に支障が生じる恐れがあります。間違っても遺言書を隠したり捨てたりしないでください。それをすると相続資格自体を失ってしまいます。
 

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む