カテゴリー: 相続に関する豆知識

一年に一度は、写真を撮りましょう。

家族みんなで撮る写真は楽しい思い出ですが、1人での写真も撮っておいてもいいかもしれませんね

昨日は成人式でしたね。もうあれから四半世紀も経つんだと思うとゾッとします。
実は私、成人式に出席していません。何故、出席しなかったのか自分でもわかりませんが、あの時は成人式なんて別にどうでもいいと思ってしまったんですね。かなり親不孝なことをしたもんだと反省しています。
“一年に一度は、写真を撮りましょう。” の詳細は »

数次相続ってどういうものなのでしょうか

代襲相続は、被相続人より前に亡くなっている人がいるときに発生するもので、数次相続は、被相続人の死亡後に相続人が亡くなれば発生するものです

ある方の死亡により相続が開始したが、遺産分割協議や相続登記を行わないでいるうちに、相続人の1人が亡くなってしまったとします。
“数次相続ってどういうものなのでしょうか” の詳細は »

子連れで再婚した場合、相続の注意点

再婚相手と子供は何もしなければ他人ですが、養子縁組することで実子と同じ立場になります。

母親が子供連れて再婚する場合、母親は再婚相手と婚姻届を提出して入籍し、新しい戸籍をつくることになります。


“子連れで再婚した場合、相続の注意点” の詳細は »

代襲相続とはどういうものなのでしょうか

代襲相続は、相続人の子や孫に対して認められた制度です

例えば、祖父が亡くなった時、相続人になるべきはずの息子がすでに死亡している場合、その息子の子、すなわち孫が祖父の相続人となることです。
“代襲相続とはどういうものなのでしょうか” の詳細は »

遺産分割は慎重に行いましょう

相続には色々な問題が潜んでいますので、専門家に相談されたほうが安心できるかもしれませんね。

知人Aさんのご主人が亡くなった時のことです。
Aさんには息子さんが一人いて、「これから母さんの面倒は俺がみるから安心して」と言ってくれる親孝行な息子さんでした。
“遺産分割は慎重に行いましょう” の詳細は »

未登記建物の名義変更届の提出

所有権の登記がなされないままだと、第三者に所有権の効力を主張することができませんので注意してくださいね

今回は、前回のブログのつづきで、未登記建物の名義変更届についてご説明させていただきます。
“未登記建物の名義変更届の提出” の詳細は »

相続人調査をしたら知らない人が相続人だった

お子さんがいない方、または相続を長年放置している方は要注意ですよ。 知らない人が相続人になっている可能性があります。

相続人が1人でも欠けた遺産分割協議は無効となります。
そこで、遺産分割協議を行う前に、必ず相続人を正確に確定する必要があります。
“相続人調査をしたら知らない人が相続人だった” の詳細は »

遺産分割には大きく分けると4つの方法があります

遺産分割は4つの方法があります。それぞれに特徴がありますので紹介しますね。

遺産分割の方法には、4つの方法があります。
その中から選択することもできるし、組み合せて分割することもできます。
“遺産分割には大きく分けると4つの方法があります” の詳細は »

年金を受け取っていた方が亡くなった時の手続きについて

未支給年金は生計を同じくしていた遺族が受け取ることができます。

年金を受けている方が亡くなると、年金を受ける権利がなくなるため、年金受給権者死亡届(報告書)の提出が必要となります。
“年金を受け取っていた方が亡くなった時の手続きについて” の詳細は »

共同相続人間の公平をはかるために、寄与分という制度があります。

寄与分を主張できるのは、相続人に限られ、養子や内縁の妻には認められていません。

みなさんは、寄与分という言葉を聞いたことありますか?

寄与分とは、相続人の中で、被相続人の商売を手伝うなどして、被相続人の財産の維持・増加に貢献した相続人には法定相続分にプラスして財産がもらえます制度なんですよ。
“共同相続人間の公平をはかるために、寄与分という制度があります。” の詳細は »

« 過去の記事