アーカイブ: 2014年9月

数次相続ってどういうものなのでしょうか

代襲相続は、被相続人より前に亡くなっている人がいるときに発生するもので、数次相続は、被相続人の死亡後に相続人が亡くなれば発生するものです

ある方の死亡により相続が開始したが、遺産分割協議や相続登記を行わないでいるうちに、相続人の1人が亡くなってしまったとします。
“数次相続ってどういうものなのでしょうか” の詳細は »

遺言執行者がいれば手続きがスムーズに進みます

遺言執行者は、未成年者や破産者を除いて誰でもなることができます。

遺言執行者とは、遺言者の死後、遺言の内容を実現してくれる人のことを言います。遺言はその内容が実現できなければ意味がありません。不動産の名義変更、預貯金の解約や株式の名義変更等たくさんの手続きが必要になります。


“遺言執行者がいれば手続きがスムーズに進みます” の詳細は »