アーカイブ: 2014年8月

子連れで再婚した場合、相続の注意点

再婚相手と子供は何もしなければ他人ですが、養子縁組することで実子と同じ立場になります。

母親が子供連れて再婚する場合、母親は再婚相手と婚姻届を提出して入籍し、新しい戸籍をつくることになります。


“子連れで再婚した場合、相続の注意点” の詳細は »

代襲相続とはどういうものなのでしょうか

代襲相続は、相続人の子や孫に対して認められた制度です

例えば、祖父が亡くなった時、相続人になるべきはずの息子がすでに死亡している場合、その息子の子、すなわち孫が祖父の相続人となることです。
“代襲相続とはどういうものなのでしょうか” の詳細は »

相続財産に不動産がある場合

遺産分割の話し合いがまとまったら、誰がどのように承継するのかを登記する必要があります。

亡くなられた方が不動産をお持ちだった場合、法務局に申請をして所有権移転の登記を行います。
登記をせず被相続人名義のままにしておくと、売却や担保設定ができません。


“相続財産に不動産がある場合” の詳細は »