アーカイブ: 2014年6月

相続財産に未登記建物があった場合の手続き

固定資産税の納税通知書には、未登記(法務局で登記されていない)の建物も含めて記載されています

固定資産税は課税されていても、法務局で登記がなされていない建物があります。
これを、「未登記」(みとうき)の建物と言います。
“相続財産に未登記建物があった場合の手続き” の詳細は »

相続の際、不動産はなるべく一人の所有にすることをお勧めします

代償分割は法律で認められた話し合いによる相続財産の分け方のひとつです。

不動産の名義は、 複数名の共同所有とすることも可能です。しかし固定資産税の支払い、 不動産の維持費の支払い、さらに相続が発生するなどして複雑となることも考えられるためお勧めできません。
“相続の際、不動産はなるべく一人の所有にすることをお勧めします” の詳細は »

遺言書を見つけたらどうすればいいでしょうか

検認手続は、「遺言書の内容が正しく、法律上有効だ」という判断がなされたわけではありません

亡くなった方の遺品を整理していて遺言書が見つかった場合、どうすればよいでしょうか。
自宅で見つかった遺言書や相続人が保管していた遺言書、貸金庫に入っていた遺言書などは、全て家庭裁判所の「検認」という手続きの中で開封しなければなりません。
“遺言書を見つけたらどうすればいいでしょうか” の詳細は »